マイナンバー対策

近年導入されたマイナンバーにより青ざめてしまったデリヘル嬢は少なくなかったと思います。マイナンバーにより会社とは別の場所で収入があることが会社にばれ、さらにそれがデリヘル嬢だと知られたらなんて想像した方はいたことでしょう。

しかし誤解されがちですがマイナンバーというのは副業していることを会社に通知するのが目的ではなくきちんと税金を納めることが目的なだけです。つまりデリヘル店で働いていたとしてもきちんと納税をしていれば大丈夫なのです。

それでも不安だという人はデリヘル店の店長に相談するといいですよ。きちっとしたデリヘル店の場合顧問弁護士等の専門家を備えている、もしくは助言をもらえる立場にあるので対処法を詳しく説明してくれます。大手ネットを通じデリヘル店に応募したという人なら安心して働くことができます。

もし街を歩いている時にキャッチにつかまってそのままデリヘル嬢をしているという人は気を付けてください。特にデリヘル店での違法行為(挿入など)を行っている場合はかなり危険です。そういった店で働いている女性はきちんと納税しているかどうか調べる必要があります。そういった店は結局やばくなったら急に逃げてしまう恐れもありますので自分の身は自分で守るではないですけど気を付けてください。