融通の利く勤務体系

プライバシーを保つうえでもう一つ紹介したいのが時間や場所などを考慮した勤務体系です。勤務体系はデリヘル店によって変わってきますが、今は女性を確保するのに必死になるデリヘル店が多いです。そのため週一からという条件が適用されたり、早い時間だけ働けるという店もあります。

勤務体系が自分の都合で決めやすい店で働いたら周りの人にばれる確率がぐっと減ってきます。例えば専業主婦の人は昼間の空いている時間に3時間働いてもばれることはないですよね。また週一しか入らなくていいという場合は毎週水曜日はヨガに通うなどと周囲に行っていれば誰もデリヘルで働いているとは思いませんよね。そういった感じで自分に合った勤務体系のデリヘル店で働くことはばれないで働き続けられることに直結するのです。

最後にお勧めしたいデリヘル店ですが、融通が利く店で働くことができる店です。急に空いた時間で働ける、もしくは姉妹店などがあり今日はこのエリアで働けるといったように融通を利かせることができたらだれかにばれる確率も経てくるかもしれません。時間の融通が利く、場所の融通が利く、そんなデリヘル店で働けばプライバシーが保たれる環境作りができることでしょう。

ばれずに働く方法

デリヘル店で働く際にプライバシーを保つ秘訣と言えばやはりばれずに働く方法を確立できるかどうかにかかっていると言っても過言ではないでしょう。給与が良くても周りにデリヘル嬢をしていると知られたら働き続けるのはなかなか厳しいと思います。

ではどのような店だとばれずに働くことができるでしょうか。プロフィールを変えるというのが一つ挙げられます。写真をそのまま載せるのではなくぼかしを入れたり顔は載せないという店で働いたらばれる率はぐっと減ります。しかし気を付けなければいけないのは加工しすぎるデリヘル店も多いということです。

加工を施しすぎたデリヘル店の場合最初の指名はとれるのですが、写真と実物が全然違ったということでネット上でバッシングを受けたり最悪チェンジさせられてしまうこともあります。加工しすぎの店には気を付けるようにしてください。

その他にばれずに働く方法はありきたりではありますが、家の近く、会社の近くを避けることです。特に細かく言うと会社から二回乗り換えなければいけないような風俗街を選ぶといいでしょう。仕事終わりに二回乗り換えなければいけない店に通う男性はそうはいないためばれる確率はぐっと減ります。

マイナンバー対策

近年導入されたマイナンバーにより青ざめてしまったデリヘル嬢は少なくなかったと思います。マイナンバーにより会社とは別の場所で収入があることが会社にばれ、さらにそれがデリヘル嬢だと知られたらなんて想像した方はいたことでしょう。

しかし誤解されがちですがマイナンバーというのは副業していることを会社に通知するのが目的ではなくきちんと税金を納めることが目的なだけです。つまりデリヘル店で働いていたとしてもきちんと納税をしていれば大丈夫なのです。

それでも不安だという人はデリヘル店の店長に相談するといいですよ。きちっとしたデリヘル店の場合顧問弁護士等の専門家を備えている、もしくは助言をもらえる立場にあるので対処法を詳しく説明してくれます。大手ネットを通じデリヘル店に応募したという人なら安心して働くことができます。

もし街を歩いている時にキャッチにつかまってそのままデリヘル嬢をしているという人は気を付けてください。特にデリヘル店での違法行為(挿入など)を行っている場合はかなり危険です。そういった店で働いている女性はきちんと納税しているかどうか調べる必要があります。そういった店は結局やばくなったら急に逃げてしまう恐れもありますので自分の身は自分で守るではないですけど気を付けてください。

風俗求人で気になる点

風俗嬢として働きたい人が一番懸念する点は自分が風俗嬢をしていることが周りにばれないかということだと思います。プライバシーが保たれるかどうか不安な店では働きたくないですよね。風俗求人などでは絶対ばれない、安心して働ける環境など記載されていることが多いのですが実際どうなのと疑問視する人が多いのも事実です。

ここまで気になるようになった背景としてマイナンバーの導入が挙げられます。マイナンバーにより副業をしているのが会社にばれるのではないかという人は多いはずです。マイナンバー対策としても気がかりな点だらけになってくることでしょう。

ここではデリヘル店に絞ってその紹介をしたいと思いますが、働く風俗店をきちんと選べばプライバシーの問題は解決できます。というのも、多くのデリヘル店は届け出を出しており、常勤、非常勤どちらかの顧問弁護士を有していることが多いです。風営法の目を盗んでアンダーグラウンドで店を開いている場合は何の対策もなく摘発されて従業員が税金を納めていないことによりデリヘル嬢をしていたことが会社にばれるなんて言うケースもありますが、大手ネットの求人広告を見てデリヘル店に応募したという場合はほぼほぼ大丈夫です。

ここではプライバシーという観点から、マイナンバー対策について、友人・知人にデリヘル嬢をしていることをばれずに働き続ける方法について、こういう店で働くと誰にもばれずに済むということについて紹介したいと思います。